では、ご紹介いたします。

NUWAロボティクスJAPAN株式会社は、AIスマートロボット「Kebbi Air」を国内向けに発表した。台湾では6,000台、500校以上の導入実績がある。2018年10月5日に台湾でリリースされた「kebbi」の当時の販売価格は12,900台湾ドル(日本円で約49,000円)。



NUWAロボティクスJapan株式会社は、NUWA Robotics Inc. の子会社として、日本市場を管轄する事業会社。

NUWA Robotics Inc. はグループ統括会社をケイマン諸島に置き、中国、香港、台湾に拠点会社を持つ小型コミュニケーションロボットメーカーで、主要株主は、鴻海精密工業やXiaomi(シャオミ)など。

SDK、コンテンツ開発ツールなど、関連ツールやビジネス用の管理システムをプラットフォームとして提供する。教育と医療分野をはじめ、代理店と開発会社と提携して市場のニーズにこたえていく。既に一次代理店やソリューション開発会社との連携も発表、法人向けに様々なソリューションを展開する。

kebbi airの価格は発表されていないが、手頃な価格を実現する、としている。


人と働くロボの記事

外出自粛、活動制限の中でお家時間が楽しくなるスマートロボ、kebbi。

一家に一台、このようなお友達が私たちの生活に身近な存在になって行く未来はそれほど遠くなさそうだ。

アカイタイヨウ


  ↓こちらクリックされると嬉しい!

期間工ランキング